小向美奈子「起訴難しい」―覚醒剤「譲り受け」「使用」立証困難

印刷

   25日(2011年2月)にフィリピンから帰国し、成田空港で逮捕された小向美奈子容疑者。昨年5月に密売グループから覚せい剤を譲り受けた疑いが持たれている。もっとも、本人は容疑を否定しており、番組コメンテイターの田中喜代重弁護士が言うことには、これからの起訴・有罪の可能性となると相当むずかしいらしい。

   曰く、覚せい剤を譲り受けたというからには、どこかでブツ(の痕跡)が出てこなければならない。こうした捜査では、違法な薬物の授受の容疑で身柄を引いてきて、採尿して薬物を検出し、「使用」容疑に切り替えて起訴するのが一般的なんだとか。しかし、「このケースはフィリピンに行ってる間にそういうモノがなくなっちゃってるでしょうから…」。かりに使用していたとしても、それがフィリピンで行われたのだとすると、国内では罪に問えないという。

   「いまのところ、捕まえたはいいけど、あとはどうすんだろ」「事件として成り立つのか微妙だ」と、田中は捜査への疑問を呈した。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中