山田べにこもパクッたNHK―ちっとも新感覚じゃない民放二番煎じ

印刷

「新感覚ゲーム クエスタ」(NHK総合)2011年2月24日20時~

   民放のバラエティ番組は旅、グルメ、工場見学、企業研究、お笑いばかりだが、NHKにもとうとうその波が押し寄せてきたらしい。久々に「新感覚ゲーム クエスタ」を見たら、クイズ番組というよりは温泉グルメ紀行番組のようになっていたので驚いた。
   この日のテーマは「真冬の北海道とっておきの旅」。温泉愛好家の山田べにこさんの北海道秘湯巡りに密着していた。この彼女、どこかで見たと思っていたら、以前、TBSで深夜に放送していた「新知識階級クマグス」に温泉美女としてたびたび番組に登場していた女性だった。温泉への偏愛ぶりと知識は相当なものでなかなか得がたいキャラクターの人であり、番組終了と同時に彼女も見られなくなったことを残念に思っていたが、その民放でブレイクした素人さんに目をつけるとは最近のNHKはなかなか抜け目がない。
   それはともかく、この番組、タイトルに新感覚ゲームとあるが、どこが新感覚なのか未だにわからない。とくに最後の「ヒントでクエスタ 私はなぁに!?」というクイズは、「ラーメン」という答えを導くために「食べ物」「汁物」「メンマ」などと次々に名詞でヒントを出題し、それに答えるまんま「連想ゲーム」の1分間ゲームのようなものだ。出演者も的場浩司、つるの剛士、テリー伊藤、はしのえみ、里田まい、東ちづると新鮮味のないタレントばかり。新感覚が聞いて呆れる。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中