エリカ「離婚届はゴーイチロク」「黒幕も新恋人もいません」

印刷

   また沢尻エリカである。昨日(2011年2月28日)の記者会見で、5月16日以降に離婚届を出すことを明らかにした。「スッキリ!!」は2週間前に夫の高城剛の言い分を放送したが、今朝(3月1日)はそれを受けたかのように沢尻の会見を伝えた。

   この沢尻の発言に対し、高城が何というか、次はその発言が注目される。Aの発言がBの発言を呼び、そのたびにニュースとして報道される。まるでキャッチボールだ。

   2月28日は新しいCMの発表会見だったようだが、話題はもっぱら離婚問題。この日のエリカは胸の開いた黒のワンピースで登場、切羽詰まったような厳しい表情だった1月の会見と違い、終始笑顔で「聞きたいことを聞いてもらってかまいません」と余裕を見せていた。

高城剛がきょう反撃発言?

   リポーターの中山美香が報告する。まず、離婚の原因について。

ツーショットで会見やれ
「(高城への)1度失った信頼を取り戻せなかった」

   その後の離婚の進展について。

「2人の約束で期日があって、それを過ぎたら届けを提出します」

   その期日は「5月16日(ゴーイチロク)」と言ってから、「あれっ、言っちゃった」と口を滑らせたような口ぶりだったが、計算づくのように見えなくはない。

   届けを出す条件について、高城は「すべてオープンにすること」をあげていたが、それが何を意味するかは、「2人で話し合ったがラチがあかなかった」と明らかにしなかった。

   また、離婚には誰か黒幕がいるのではないかと高城はみているといわれるが、「自分の意思です」ときっぱり。スペイン人の「新恋人」については事実無根と否定、高城が述べていたその男性と大麻栽培との関連も否定した。

とまあ、高城との言い分とは、まだまだ開きがある。

   キャスターのテリー伊藤がいう。

「こうなると、2人がツーショットで離婚会見するしかない。そうしないと言った、言わないになる」

   伊藤によれば、今日(2011年3月1日)、高城の出版記念パーティーがあるそうだ。

「そこで高城ちゃん、あれは違う、これは違う、といろいろ意見を言うかもしれない。テレビ的には(そのたびにニュースになるので)その方がいいいかもしれないが」

   コメンテーターの菊地幸夫(弁護士)は常識的な意見として、「早く新しい1歩を踏み出した方がいい」というが、しかし、そうなると、テレビが取り上げなくなってしまう。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中