小島よしお「東京マラソンで悲しいこと起きた」

印刷

   東京マラソンで見事完走したお笑いタレントの小島よしおが3月1日(2011年)、マラソン中に起きた「悲しいこと」を振り返っている。

   小島は「応援してくれたみんなありがとう!」と感謝し、小島と同じくヘキサゴンファミリーの山田親太朗の疲れた顔を写真で紹介している。

「でも悲しいことが一つあった」

   1人のランナーが小島の写真を撮ろうと急に立ち止まり、その男性に後続の女性ランナーがぶつかってしまったのだという。ぶつかった女性は足を負傷し、そのままリタイア。小島は、

「すごく悲しいよね そもそも走ってるのに携帯持ってるのもどうかと思うけど せめて周りの人に迷惑かけたら絶対駄目だよね!」

と写真を撮ろうとした男性を非難している。

   小島は「来年東京マラソン走ろうと思ってる人はその辺お願いします!」とし「怒ってるわけじゃないよ でもみんなハッピーなほうがいいじゃん!そいういうこと!ズイズイズイ~」と書き残している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中