2018年 7月 22日 (日)

石原慎太郎「都知事引退」で狙う総理の椅子

印刷

   来たる都知事選では、石原都知事の「盟友」とされる松沢神奈川県知事が立候補を表明したが、石原本人は出馬するのかしないのか。ここまで来ては、さすがに4期目出馬はないだろう、とテレビ朝日コメンテイターの三反園訓は言う。

「(都知事生活で)けっこうストレスが溜まってたようで、再選しても新銀行東京や築地(移転)など、いろんな問題がある。都知事としてやって行く気力はなくなったんでしょう」
都政に関心なし

   「都政に関心を失ってるような感じだね」と、最近この仕事(番組)にそれほど身を入れてるとは思えないコメンテイター、鳥越俊太郎が合いの手を入れる。

国政でもうひと花

   もっとも、三反園によれば、都知事は「違うところ」には関心を持ってるかもしれない。昔から最終的には総理大臣になりたいとの野望が石原にはあり、いまでも国政でもう一花、あわよくばソーリの座に――と機会をうかがっているフシがないでもないという。そのため、今後なにがあってもいいように、「身軽になっておきたい」と思ったんじゃないか――。

   現在78歳の地方首長がこれからソーリを目指すとは、なんだか夢のような話に聞こえなくもないが、少なくとも目下、「石原救世主論」をブチ上げてる国会議員はいるらしい。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中