2018年 7月 19日 (木)

カンニング浪人生プロファイリング「自信ない性格」

印刷

   入試の最中に問題がインターネットに流出した事件、仙台市の予備校に通う男子浪人生(19)が関与した疑いが強まってきた。

   京都府警・警視庁が3日(2011年3月)にも偽計業務妨害の疑いで、この浪人生から事情を聴くという。浪人生とはどんな人物なのか法務省で犯罪心理分析に携わっている出口保行・東京未来大学教授が番組の中でプロファイリングを行った。

「無理せず」「ダメ」は自分のこと

   浪人生は山形県立高校の出身で、2月に京大を受験していたことが分かっている。投稿に使われた携帯電話は、山形市内に住む40歳代の母親名義で契約されていた。京大のほかに同志社大、立教大、早稲田大の入試の問題でも、『aicezuki』のIDで投稿が繰り返されており、複数の人物が関わり計画的に行われていた疑いも強まっている。

真剣に合格したかった?

   それにしても、簡単に特定されてしまう母親名義の携帯電話をなぜ使って投稿したのか、その稚拙さにナゾが残る。

   出口教授がヤフー知恵袋に投稿された『aicezuki』の50件にのぼる文章を取り上げ、「稚拙、自信のなさが現われている」と分析する。昨年のクリスマス・イブの恋愛問題の質問に、「無理せず様子を見て行動してください。きっと彼はあなたがいないとダメだと思っているハズだから」と回答した文章を取り上げた。

   出口教授は「無理とかダメは、自分を投影している。自分がそうだと使いやすい。そこから自信のなさが窺われる」という。

社会への恨みや攻撃

   また、今年1月16日の投稿では、睡眠薬について「睡眠薬で自殺する人が多いですが、市販の薬でいいんですか?例えば風邪薬みたいなものでも量が多ければ死ねるでしょうか?」と書いている。さらに、18日には「仙台市でいい精神科・心療内科を教えてください」という質問もしている。浪人生が入試を前に、精神的に追い詰められている状況を感じるが、出口教授はこう見る。

   「死という言葉を2度使っている。自分が死への希望を持っているともいえるが、こういう過激な言葉は何かに対する攻撃行動への表れといわれており、社会への恨み、攻撃を感じることができる。

   入試問題の投稿では、『何々の問題です』で始まり、最後に『ありがとうございました』がセットにされ、パターン化されている。投稿を簡便にするためかもしれないが、複数犯も考えられる」

   キャスターの小倉智昭が浪人生の心境を次のように推測した。

「興味本位でアピールしたいということなら、人生を変えるかもしれない大学入試でやることもないと思うんですけど。それとも真剣に合格したかったという気持ちが強かったのかしら」
文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中