カープ石井琢朗 「誘惑に勝てずカップヌードル食べた」

印刷

   プロ野球・広島東洋カープの石井琢朗選手が3月6日(2011年)のブログで、カップラーメンの誘惑に負けてしまったと告白。

「ついに手を出してしまいました」

   昨夜のテレビ番組の特集が歴代のカップラーメンだった。別の番組を見ればよかったのに、ついつい見てしまったのがいけなかった。普段の石井は、午後6時ごろ夕食を終え、夜の食事は制限している。番組を見た日はなんとか我慢できたけれど、「そら、食べたくなりますわね」と、別の日には、カップヌードル「シーフード」を買ってしまったのだ。

「やっぱり美味かね」「相変わらずの味にホッとするというかね」

   石井はこのカップヌードル「シーフード」がとくに好きだ。プロ入り間もないころ、合宿所でこれを食べていた思い出がある。麺を食べた後の残ったスープにご飯を入れ、雑炊にして食べるのが当時、「ナウかった」。ひとつで2つの味が楽しめたからだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中