「みのもんた飲み歩き」すべてお見通し!最新防犯カメラ凄いぞ

印刷

   熊本で起こった幼女殺しは、防犯カメラの映像が決め手となって犯人が特定された。目黒の老夫婦殺傷事件もそうだった。ひと昔前では考えられない技術の進歩。「朝ズバッ!」は技術の最前線を伝えた。

1万時間以上のデータを1秒で解析

   東京・国分寺にある日立中央研究所が開発中の「疑似画像検索システム」は、膨大な量の防犯カメラデータの中から、特定の人物や物を瞬時に探し出してしまう。60台のカメラが24時間撮影した映像、延べ1万時間以上のデータの解析作業を見せた。ある研究所員の顔をインプットして検索をかけると、1秒もかからずにこの研究員が写っている映像をすべて選び出した。遠景で識別しにくい小さな顔、横顔、半分しか写っていないものまでピックアップしていた。研究員がヒゲをそりメガネをはずしても、結果は同じだった。変装も見破ってしまうということで、カメラの設置場所、時間を地図とリンクさせると、研究員がいた場所だけでなく、足取りまで割り出されてしまう。

すごい威力だが監視社会

   人ばかりでなく、衣服や所持品などの物も検索できるから、たとえば特定のリュックをインプットすれば、そのリュックの移動先・移動ルートがわかる。盗まれたものを探すことも可能というわけである。

一瞬で犯人割り出し

   司会のみのもんた「すごい」

   レポートした岡安弥生アナが「どの角度からどんな変装しても判別してしまうというシス テムです。1万時間分を検索するのに1秒もかからない。ある意味恐ろしいような、しかし犯罪捜査には役立つ」と話す。

   目黒の老夫婦殺傷事件では、複数の防犯カメラの映像を分析して容疑者にたどりついたが、この作業に警察はかなりの時間をかけている。しかし、このシステムを使えば一瞬でわかってしまいそうだ。

   みのも「防犯カメラは必要でしょうね」

   岡安「ただ、プライバシーの問題があって、クリアしないといけないこともある」

   みの「公の道を歩いている時はプライバシーなんかないと思う」

   コメンテーターの高木美也子「イギリスではこれが問題になった」

   あれはアラブ系の住民を重点監視するというのが問題だった。

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説室長)「目黒のケースでも、恵比寿駅、東京駅、高速バス乗り場からバスの乗客名簿にたどりついた。これはすごい威力だが、監視社会が息苦しい」

   みの「ぼくなんか、防犯カメラがあると、その前に立って見てから行きますけどね」(笑い)

   このシステム、さらに精度をあげて製品化するそうだが、みのもんたが銀座で飲み歩いた店も全部わかっちゃう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中