「笑点」向こうに回してカラオケ大会―テレ東ある意味凄い番組

印刷

「歌の楽園」(テレビ東京)2011年3月6日17時30分~

   凄い番組を見つけた。番組のサイトで調べたところ、スタートしたのは2010年4月4日ということで、かれこれ11か月も続いているようだ。同じ時間帯には高視聴率の長寿番組「笑点」(日本テレビ)があり、その陰でひっそりと放送している印象だ。司会は薬丸裕英。「はなまるマーケット」でずいぶん稼いでいると思われるが、こういう番組もちゃっかりキープしていたとは。
   それはともかく、番組の何が凄いかというと出演歌手が実に微妙なのである。たとえばこの日のテーマは「栄光の90'sヒットメドレー」ということで、「君がいたから」(FIELD OF VIEW)、「サヨナラ」(GAO)、「浅い眠り」(中島みゆき)、「長い間」(Kiroro)、「白い雲のように」(猿岩石)、「たんぽぽ」(タンポポ)、「タイミング」(ブラックビスケッツ)……というラインナップ。GAO、東野純直、ビビアン・スーなど、懐かしい顔ぶれが出演する一方で、「長い間」を歌うのはKiroroではなく茉奈佳奈、「浅い眠り」は松原健之、「白い雲のように」はレディオサイエンスというように本人ではない人たちが歌い、それがなんだかカラオケ大会のような雰囲気を醸し出している。
   その昔、どこかの駅前のワゴン販売で500円のコンピレーションCDを買って聴いたところ、歌っているのが全く知らない人たちだったことがあったが、そのテレビ版という感じ。歌は巧いのだが微妙としかいいようがない。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中