2018年 7月 22日 (日)

沖縄侮辱のメア日本部長きょう来日―説明聞きたい!

印刷

   沖縄はゆすりの名人。親日家といわれ、沖縄総領事もつとめた米国務省高官の発言に怒りの声が広がっている。キャスターの小倉智昭も「私も腹を立てているんです」とオープニングトークで取り上げた。

   この高官は米国務省の日本部長で、日本人の妻を持つケビン・メア。在日米大使館の安全保障部長を経て2006年から3年間、沖縄総領事も務めた。

オフレコだからって!

「ごまかしとゆすりの名人で怠惰」

   発言があったのは昨年12月3日(2010年)、沖縄や東京など2週間の研修旅行に出発する大学生14人を前に、オフレコで講義でだった。オフレコの気楽さから、ウィキリークスをはるかに凌ぐ日本人を侮辱した内容だった。

「日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ」
「沖縄の主産業は観光だ。ゴーヤも栽培しているが、他県の方が多い。沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ」

   太平洋戦争で大きな犠牲を払わされ、その後も米軍基地に大きく占拠されている沖縄。これで親日家とは日本側も人が良すぎた。

   オフレコ発言が表に出たのも、学生の一人が朝日新聞のインタビューに「このままでは日米の絆を傷つける」と感じて明かしたからだった。

「日本に行ったら気をつけろ」

   小倉「米軍基地への思いやり予算など、かなりの負担を我慢している。オフレコであろうと、こういうこと言っていいのか。アメリカ人のみんながまさかこう思っていないよね」

   メアはまた、「日本に行ったら本音とタテマエに気をつけるように」とも言ったという。そういう本人もタテマエは親日家だが、本音は日本人侮辱。

   そのメイがきょう9日(2011年3月)日本へやってくる。

   小倉「ぜひ空港で待ち受けて話を聞いてもらいたいですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中