全裸の江古田ちゃん「独特オーラ」で届ける安心メッセージ

印刷

臨死!! 江古田ちゃん(日本テレビ系火曜日深夜1時34分)>「存在理由どころが、自分がわからないまま24年目」そんな独身・フリーターの江古田ちゃんは、家では全裸生活をしている。ちょっと辛口意見をもつ江古田ちゃんの日常生活や、『猛禽』と呼ばれるいわゆるモテ系女子への敵意や考察を中心にしたショートドラマ。原作漫画を先輩に借りてから、すっかり江古田ちゃんのファンの私だが、鳥居みゆきが役にピッタリすぎて、もはや江古田ちゃんを読んでも鳥居みゆきが、鳥居みゆきを見ても江古田ちゃんが思い浮かぶ。

「あ、このままでもいいのかも」

   やはり家では全裸生活の江古田ちゃん、全裸で撮影に挑んでいるのかどうかが気になるところ。机や冷蔵庫のドアなどで隠したり、絶妙な角度から撮られていたりとうまい具合に大事な部分がかくれているものの、全裸生活が自然に表現されていた。鳥居みゆきの芸人根性は素晴らしい。

   「~ってすごくないですかぁ?」とか、「私~かもぉ」とかいう甘ったれた話し方で男にしなだれかかれるような女子に対して、鋭い視線を送る江古田ちゃん。恋愛に積極的なのに、報われずにどうでもいい男とばかり寝てしまう江古田ちゃん。ヌードモデル引き受けて、美大生の突飛な要求にもこたえようとする江古田ちゃん。かなり独特なオーラをはなっているけれど、愛らしい。

   ドラマのホームページにはNBG(ノーブラ外出)体験談が寄せられている。全裸とまではいかなくても、ノーブラくらいなら誰でも経験したこと、ありますよね。 たぶん、猛禽をのぞく女子には、『江古田ちゃん』な部分がどこかしらにあると思う。江古田ちゃんになりたいかと言えばまったくそんなことはないのだが、江古田ちゃんを見ていると「あ、このままでもいいのかも」と安心してしまうのである。

(てらっち)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中