狩野英孝、実家の神社が被災 灯ろうが倒れる

印刷

   お笑い芸人の狩野英孝が3月12日(2011年)のブログで、東北地方太平洋沖地震で被災した、宮城県の実家の様子を報告した。

   狩野の実家は同県栗原市にある桜田山神社で、この地域は震度7を記録。狩野のブログによると、12日昼過ぎに親と連絡がとれ、「命は無事です」。ただ、同日時点で停電や断水が続いており、神社も灯ろうが倒れてしまったという。

   狩野自身も、12日に仙台市で予定していたイベントを中止。「地元にこのような被害になりボク自身もかなり、困惑していますが ボクに出来る事を探して少しでも力になれるよう努力したいと思っております」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中