超巨大地震なぜ起こった?「同時に外れた4つのストッパー」

印刷

   「トイレはどうなっているの?」とキャスターのテリー伊藤が問いかけると、宮城県石巻にいる西村綾子リポーターは「仮設トイレのタンクはもう満杯です。トイレの水どころか、飲料水も底をついています」と報告する。

   中山美香リポーターは岩手県・陸前高田にいて、「今でも火災によるきな臭いにおいが鼻をつきます。市内の8000世帯のうち、まだ5000世帯が水に浸かったままです」と伝える。

   さらに、大竹真リポーターは宮城県南三陸町の高台に立ち、「眼下に家が折り重なっている様子が見えます。地震前はのどかな街並みでした」と、想像を超える惨状に戸惑い気味だ。

想定外の発生

   「スッキリ!!」は1952年に起きたカムチャッカ地震と並ぶ世界第4位のマグニチュード9・0の地震がなぜ起きたのかを探った。

一瞬で全てが

   「北米プレートの下に太平洋プレーが沈み込んでいたが、いわばストッパーみたいなもがあって、これまでは巨大地震が起きなかった。しかし今回、このストッパーが同時に4か所で外れた。これは想定外だった」

   筑波大学准教授・八木勇治はこう解説する。津波による甚大な被害が出たことについて、アジア太平洋沿岸防災研究センターの有川太郎氏は「三陸地方特有のリアス式海岸が巨大津波を生んだ」という。

   司会の加藤浩次「津波は本当に怖い。一瞬で全てが失われてしまった」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中