長友佑都感動、エトー「このゴールは日本に捧げる」

印刷

   サッカー・セリエAのインテルに所属する長友佑都が、東北関東大震災に関連し、チームメイトでカメルーン代表のサミュエル・エトーからかけられた言葉を3月13日(2011年)のブログで紹介している。

   12日のインテル対ブレシャの試合は、震災の犠牲者に哀悼の意を表すため両チームともに喪章を着用。前半18分、ゴールを決めたエトーは長友を呼び寄せて抱擁したが、長友によればエトーはこの際、

「このゴールは日本のみんなに捧げると言ってくれた!」

とのことで、試合はドローに終わったものの、

「日本人として心から嬉しかった」

という。長友は、

「一人じゃない、みんながいる!世界中の人たちが日本の無事を祈ってる」

とファンにメッセージを送り、自身もピッチでの活躍を通じ人々に元気と勇気を与えたいと誓いを新たにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中