「オネエ住職」素性はただの出たがり―持ち上げるフジの不見識

印刷

「ごきげんよう」(フジテレビ)2011年3月7日13時~

   オネエブームに乗って、最近、やたらとテレビに出まくっているのがオネエ住職こと水無昭善だ。岩手県久慈市にある祥炎山不動院の住職だという。来歴によると「岩手県久慈市にて生まれる。生来より仏神に親しみ、15歳より修業に入る。23歳の頃、高野山に修業、阿闍梨となる」とあり、正真正銘立派な住職のようだ。
   が、バラエティ番組でオネエ言葉を喋る姿を見る限り、あまりにも俗過ぎて、そんな偉いお坊さんにはとても見えない。
   彼を初めて見たのは「笑っていいとも!」で、オネエ過ぎるお坊さんは来週、アルタに来てください、という呼び掛けに応えて翌週やってきたと記憶する。
   他に情報はないかと思い、京大カンニング事件で話題になったヤフー知恵袋をチェックしたところ、「整形手術で開運? 特捜! ザ・美容整形 私は顔を変えました」前編(2007年4月28日放送)で開運の為に鼻を大きく整形したイケ面のお坊さんは水無昭善さんですか?」という質問があった。ベストアンサーに選ばれた回答には、「カルテ№2 お坊さんが美容整形?!目指せ、一攫千金。初公開、整形イケメン住職 金運が欲しい独身住職30歳が鼻を中心に開運整形……水無昭善さんの可能性高いです」とあった。
   真偽のほどは定かではないが、それが本当だとすればただの出たがりに過ぎない。それをオネエ住職だなどと言って持ち上げるテレビ局もテレビ局だ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中