生島ヒロシまだ妹夫婦と連絡取れず「でも、リスナーに暗い声を届けるわけには…」

印刷

   2011年3月11日の東北関東大震災。妹夫婦らとの連絡が取れないという気仙沼市出身のフリーアナウンサー・生島ヒロシは14日(2011年3月)に仕事に復帰、ブログで胸中を語った。

   仙台での講演中に被災し、15時間かけて東京に戻った生島。妹夫妻の消息がつかめないまま、パーソナリティを務めるラジオ「生島ヒロシのおはよう定食」に出演した。ブログでは、

「毎朝、聴いてくださっているみなさんに、暗い声を届けるわけにはいかない。僕自身が、元気の出るようなメッセージを発信していかなければ! そう思ってはいるのだが……」

と沈痛な面持ちだ。

「時間が経つにつれて、不安と焦りが募る一方だ」

と憔悴の色を浮かべながらも、各方面から寄せられた励ましの声に感謝している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中