許せん!大震災便乗詐欺―義捐金「口実」に貴金属提供しろ

印刷

   「被災地に義援金を送るからと称して貴金属類の提供を求めるなんてあり得ないことだ。まったく卑劣だ」と司会の加藤浩次は真っ赤に怒って話す。

北海道や福岡で頻発

卑劣!

   東日本大震災に便乗した詐欺が、北海道や福岡で頻発しているのだ。キャスターのテリー伊藤も「もしそんな電話が掛かってきたら、どんな団体かを確認すること。コールバックするから電話番号を教えて欲しいと求めることが大切だ」と訴えた。

GLAY、EXILEが支援

   こんな事はごく一部の不心得者の話で、支援の動きも広がっている。GLAYが義援金2000万円、EXILEが飲料水5万本を被災地に送ったという。海外ではイタリアのサッカーチーム・セリエAの長友佑都が喪章を付けて出場したり、スペインのサッカーチームが「がんばれ日本、ぼくらは君と共にいる」という日本語とスペイン語で書かれた横断幕を掲げたりしている。戦火のアフガニスタン・カンダハル市からも、市長の呼びかけによって5万ドルの義援金が送金されている。

   加藤「これだけの支援をしてくれるのは本当にありがたいことだ。頭が下がる思いがする」

   テリー伊藤も「世界中の人が応援してくれている。被災地の皆さんは気を強く持ってがんばって欲しい」

   ただ、支援物資を運ぶ手段がないのが、最大の課題になっている。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中