母親捜し続けた11歳少年「ママじゃなくても助かるといいね」宮城・多賀城

印刷

   全域が壊滅状態の宮城県多賀城市。笠井信輔アナが現場から涙ながら伝えたのは、母を捜し続けていた11歳の少年、その祖父とオバの3人の悲しい瞬間だった。

   津波が襲ってきた時、母親は1人で車を運転していたという。3人は瓦礫の市内に放置されたままの車を1台ずつ確認しながら、母の車を捜し回った。モスグリーンみたいな色のセダンだという。

見覚えある車の中に…

   オバが「似ているよ、どうしょう」と叫びながら飛んできた。ビル1階の内部、瓦礫の中に横倒しになった車。泥でよく見えないが人がいるようだ。車にしがみつつきながら「恵理子、恵理子」と妹の名を絶叫するオバ。

強い声

   少年は「ママじゃなくても助かったらいいね」と言う。取材スタッフが3人に代わって警察へ救助を依頼する。15分後に駆け付けた消防レスキュー隊によって救出作業が始まったが、母親は車の中で亡くなっていた。

   警察官にそのことを告げられた瞬間、オバの悲鳴のような泣き声が瓦礫の山に響いた。少年に父はなく、孤児になった。

   笠井が「大丈夫ですか」とオバに話しかけると、気丈にこう話し始めた。「ウン 大丈夫。お父さん、お母さんもいて、守るものがいっぱいあっから。ウン、ウン」

スタジオは涙と嗚咽

「なんとかお母さんや妹に会いたいというご家族の思いが通じて会えたけど、こういう結果になってしまって。会えたことで少しは良かったのかもしれないけど、あまりにも辛いね」

   小倉智昭キャスターは涙声で話し、山村武彦(防災システム研究所長)は両手で顔を覆う。中野美奈子アナも嗚咽している。

   気仙沼市内の避難所前にいる笠井は「『守るものがいっぱいある』というお姉さん(オバ)の強い声を聞いて、東北の人たちはやっていけるはずだと強く思いました」といい声を詰まらせた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中