2018年 7月 23日 (月)

計画停電「東京・吉祥寺のある一家」暗闇レポート

印刷

   電気は本当に止まるのか。何時から止まるのか。停電区域に入っていても停電しない地域があるし、指定の時間になっても停電しないこともある。東京電力の計画停電があちこちで混乱を招いている。「スッキリ!!」は16日(2011年3月)午後6時20分から午後10時の間に3時間の停電が予定されている東京・吉祥寺のある一家の夜をリポートした。

孫娘「何にも見えないんだね」

   夫(78)と妻(77)、孫娘(19)の3人。懐中電灯を各人に用意するなど、それなりの備えはしていた。この夜は電気のあるうちにと早めに夕食をとった。予定時刻の午後6時20分。妻と孫娘はまだ食べている。電気はついている。

被災地に比べれば

   夫「6時21分になったぞ。まだ消えない」

   妻「開始時間がずれるかもしれないから」

   25分過ぎた午後6時45分。「あ、本当に消えた。真っ暗だ」「うっそう」

   妻「お父さん、気をつけて、懐中電灯取ってね」

   孫娘「何にも見えないんだね」

   暗い中でピーピー何か音がする。「停電すると鳴っちゃうんですよ」と孫娘。ホームセキュリティーの警報だった。その孫娘が「イタタタタタ」と声を上げる。床に置いていた何かにつまずいたのだ。

   真っ暗な中でスタッフが尋ねる。いま経験してみて何が一番必要だと思いましたか。

   夫「明かりとラジオ」

   妻「まず、トイレに行っておかなきゃいけないと思いました」

   孫娘「物を床に置いちゃだめですね。いま蹴っ飛ばしたけど」

電気消える前にまずトイレ

   午後8時45分、停電から2時間後、復旧した。明るい食卓でお茶を飲みながら、

   夫「急に消えちゃって、暗闇になると何から手をつけていいか」

   孫娘「やっぱり電気は大切だと思いました」

   妻「ありがたいねえ」

   見終わってキャスターのテリー伊藤「正直言って、被災地の状況に比べれば、計画停電で多少不便になるかもしれないけど、たいしたことないなあと思いますね。時間がずれたなどといって、文句いっている場合じゃないという感じがしますけどねえ」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中