マギー審司「今はきつくても、絶対に大丈夫」

印刷

   宮城県気仙沼市出身のマジシャン、マギー審司。3月11日(2011年)に発生した東北関東大震災で最愛の祖母を亡くした。それでも連日ブログを更新し、被災した人々を思いやるメッセージを送り続けている。

   3月18日には、募金活動を始めたことを報告。初日は同郷の芸人、狩野英孝や元体操選手の池谷直樹、NHKの子ども番組の「体操のお兄さん」で人気を集めた佐藤弘道らも駆け付け、募金額は36万円に上ったという。

   19日の更新分では、父親への思いをつづっている。1週間ぶりに電話で父親と話すと、笑いながら「こっちは大丈夫だから、お前はそっちで頑張れ」と言われたそうだ。「いつもそうなんです。僕らに心配をかけたくないから、弱音を言わないんです」と心配するマギー。それでも、

「父親が大丈夫だ!って、言った時は 今はきつくても、絶対に大丈夫になるんです」

とその言葉をかみしめる。父の姿を思い浮かべながら、「今は家族や友人を信じて自分が出来る事を精一杯やります!」と自らを奮い立たせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中