頑張ろう日本丸よ!いまは批判よりも人間の英知だ

印刷

「東北関東大震災 その3」(各局) 2011年3月17日

   東京電力福島第一原発が心配だ。柏崎原発のようにトラブルはあっても深刻でなかった事例と違い、今回は怖い。それだけ地震津波の規模が大きかったのに違いない。菅首相や枝野長官も不眠不休が窺われるが、岡田幹事長の顔がどす黒くなっていて痛々しい。それでも批判されまくる。批判よりも今は挙国一致で知恵を出すべきだ。
   エコの観点から追い風が吹いていた原発には一変して強い向かい風が吹いてきた。事故の説明を聞くと、原発とはいかにも単純な構造で作られている。にもかかわらず、電力会社のくせに停電で冷却がうまくいかないとか、一方に不具合が出た時の代替案が2重3重に取られていないとか、素人目にも対応が杜撰極まりなく、信じられないアバウトさだ。原子力安全・保安院も頼りない会見ばかり。
   地震そのものについても、東京大学地震研究所はマグニチュード9.0を予知できなくて何をしていたのか。筆者が最も恐れるのは、次第に南に下がってきている震源地が、東海地方の大震災を誘発しないかということだ。富士山大噴火もSFではなくなってきた感じだ。
   初期の報道が一段落したら、是非とも日本中の地震学者や専門家を結集して今後の予知や原発問題の本音のトークセッションを長時間、テレビでやってもらいたい。日本人の原点ともいえる広島・長崎原爆投下直後そっくりの津波の跡地の映像から、苦しくとも立ち上がるには、人間の英知しかないのである。頑張ろう日本丸よ。

(黄蘭)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中