2018年 7月 21日 (土)

同じ畑でも県境超えるとダメ―さっぱり分からん野菜出荷停止

印刷

   きのう東京都が千葉・旭市産の野菜26品目の出荷自粛を千葉県に要請して騒ぎになった。旭市は津波の被害を受け死者を出している。一昨日に政府が出した出荷停止の指示は、福島、茨城、栃木、群馬の4県だけで、千葉は入っていない。ところが、都中央卸売り市場の検査で、旭市産の春菊から規制値の2倍の放射性よう素が検出された。都はほかの25品目も含めて自粛を求めたのだ。

   要請を受けて千葉県は3日間の自主的出荷停止を決めたが、これに農水省が「科学的・客観的な根拠がある場合を除き、対象以外の(市場の)受託拒否は正当な理由とは認められない」との判断を出した。これを受けて、都は旭市産の春菊以外の出荷自粛要請を撤回した。

「冬場はハウス栽培なのに」千葉・旭市農家

風評は差別

   1日にキュウリ5000本を出荷している旭市の農家は、「冬場はビニールハウス栽培だから、放射性物質の降下はありえない」という。ホッとする一方で、いったん疑惑をもたれた商品の弱みを心配する。すでにほうれん草では福島産以外でも「不買」は広がっている。

   司会のみのもんた「汚染されているかどうかは、調べればわかるでしょう。よくわからない風評は差別ですよ」

   きのうはまた、福島産の10種類の野菜が規制値を超えたとして、厚労省は「摂取を控えるように」と呼びかけた。

   みの「数値がはっきり出ていればわかるが、この『ひかえるよう』ってのは何なの?」

   若狭勝(弁護士)「行政指導。お願いだけど、強いお願いです」

   内野雅一(「週刊エコノミスト」編集長)「厚労省は責任をとりたくないんですよ。汚染というだけで購買行動に響く」

   みの「規制値はそのためにあるんだから、きちっとやればいい。ところで、県境はあるけど、空気に境はないでしょう。県境から1メートル先はどうなのよ」

   井上貴博アナも「わたしたち伝える側も困ります」

都内ドンキホーテはコメもカップ麺もあった

   実際、検査結果の発表が「最大で8万2000ベクレルで暫定規制値の160倍」 なんていうんだから、消費者を脅しているようなものではないか。「食べても大丈夫」なんていっても聞こえない。

   おまけに消費者は自己中で身勝手だ。きのう、東京の環状八号線沿いの「ドンキホーテ」には、コメ、カップ麺、トイレットペーパー……。すべてが元に戻っていましたよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中