放射能汚染・暫定規制値ってどういう意味?福島で葉もの超過

印刷
「毎日のように放送を通じて『現状は大丈夫ですよ』とお伝えしているんですが、テレビを信じてもらえないようで…」

   小倉智昭キャスターがぼやいて取り上げたのが、放射能汚染によるお腹の赤ちゃんへ影響はないのか、小さな子供に将来の影響はないか、母乳は心配ないのかなど、いま最も母親たちが感じている様々な不安だ。

   不安を掻き立てるように23日(2011年3月)未明2時、厚労省は福島産野菜の放射能汚染度を発表した。県内25市町村の野菜11種類から暫定規制値を超える放射性物質が検出されたというのだ。規制値を超えたのは葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、キャベツなど)のほかブロッコリー、カリフラワーで、当分の間は摂取を見合わせるよう呼び掛けている。

実に曖昧

福島原発事故で急ごしらえ

   ここで小倉が吠えたのが「暫定規制値」という用語。

「だいたい『暫定』というのが付いている。それも最初は暫定基準値といっていたのが、今は暫定規制値になり、実に曖昧」

   この疑問に大谷浩樹・首都大学東京放射線学科准教授が答えた。大谷によると、暫定規制値は年間の放射線被ばく量の限度を示したICRP(国際放射線防護委員会)の勧告に基づいて食品に対する安全基準を決めた数値。福島原発事故であわてて作ったため暫定と付いたようだが、それも「日本の場合、厳しい基準になっている」(大谷)という。だが、観念的に「厳しい」と言われてもさっぱり分からず、次のような小倉の疑問もわいてくる。

「たとえば、ホウレンソウを水洗いすれば10分の1に減少するというのは、規制値の10倍も水洗いすれば普通に戻るということですかね。買ったホウレンソウをそのまま生で食べる人はいませんよ。必ず洗いますよ」

魚、母乳は大丈夫なの

   さらに母親たちが不安を抱いている疑問についても大谷が答えた。例えば――、

★ 妊婦の外出は大丈夫?
大谷「放出された放射線物質が小さい値なので大丈夫」
★ 洗濯物の外干は大丈夫?
大谷「ついたとしても払い落とせるので大丈夫」
★ 母乳に心配は?
大谷「母体に摂取された放射能は自然生理機能で排出されるし母乳に影響ない」
★ 魚は食べても大丈夫?
大谷「海で拡散され薄まるので心配ない」

   これを聞いていた小倉「それでも何でこんなに心配になっちゃうのかな。福島原発から30km離れたところの人は、今は大丈夫です」

   それにしても専門家の説明はなぜこうも舌足らずなのか…

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中