センバツ中継も震災・節電で16時で放送打ち切り

印刷

   きょう3月23日(2011年)に開幕した選抜高校野球のNHK中継放送も、電力事情の影響で、東北・関東地方は原則的に16時までの放送で打ち切られることになった。

   NHKによると、野球中継によって消費電力が増えることが予想され、とくに消費が増える夕方以降の節電に対応することになった。原則として午後4時以降は中継放送を行わず、ニュース番組などでその後の経過を伝えることにしているが、被災地である東北地方の高校の試合は終了まで放送する。大会3日目の第3試合で青森の「光星学院」が茨城の「水城」と14時開始で対戦が予定されている。もっとも被害の大きかった宮城の「東北」は6日目の第1試合で岐阜の「大垣日大」とぶつかる。

   第1日目第3試合の北海道「北海」と岡山「創志学園」は、1点先行の北海の6回ウラ2アウトの攻撃中に関東・東北は放送終了となった。東北・関東以外のエリアは総合テレビで4時以降も放送された。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中