カンニング竹山 「誰だ!俺を改名しようとしてる奴は」

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山が3月24日(2011年)のツイッターで、芸名の改名を考えているという噂を否定した。

   発端となったのは夕刊紙「東京スポーツ」の記事。それによると、竹山が改名を考えるようになったのは、京都大学などであったカンニング事件で、芸名のイメージが悪化してしまったから。関係者の話として、決まりかけていたCMやレギュラー番組出演が流れたらしいと書かれている。

   これに対して、本人は「俺がカンニング竹山と言う芸名を改名すると聞いたのだが本当か」とツイッターに書き込んでいる。「そんなつもりもないし、そんな事考えた事もないのだが。誰だ!俺を改名しようとしてる奴は」と驚きを隠せない様子だ。CMも決まっていないし、春からの新レギュラーもないという。

「俺はカンニング竹山だ!」「しょうもない事考えるなら今は黙って募金しろ」

   竹山は1992年、中島忠幸とお笑いコンビ「カンニング」を結成。中島が2005年に白血病をわずらって入退院を繰り返し、2006年にウイルス性肺炎で亡くなって以後も、「カンニング竹山」を名乗り芸能活動を続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中