2018年 7月 17日 (火)

吉井理人コーチ、斎藤佑樹のノックアウト「全然心配してない」

印刷

   プロ野球・日本ハムファイターズの吉井理人一軍投手コーチが3月22日(2011年)のブログで、阪神とのオープン戦でプロの洗礼をあびた斎藤佑樹投手の投球内容を総括した。

「ルーキーの斎藤佑が、プロ入り初ノックアウトされました」

   3回13安打9失点で打ち込まれた斎藤を、吉井は直球のコントロール、威力ともに悪かったし、登板までに間があったことから細かいフィールディングに狂いがあったと見ている。ゲーム中に修正できなかっただけで、現段階では「全然心配していません」。それに、ノックアウトの悔しさを早い時期に味わえた点はプラス。「絶好調じゃなかったし」とつけくわえている。

   ノックアウトされたことでフォームや調整法を変える手もあるが、さしあたっては今までのやり方を変えず、次回の登板に備える。「まだ彼本来の感覚にもどっていない」というのが吉井の意見であり、大学時代の感覚が戻ったら、次のステップを考えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中