赤江珠緒キャスター「自分が恥ずかしくなった」被災地レポート

印刷

   東北の被災地を取材した赤江珠緒キャスターがスタジオに戻り、取材を通して思ったことを語った。

   彼女はたしか関西方面の出身であるが、現在は東京をベースにしているようで、東日本大震災以後は、首都圏の多くの人たちと同様、余震に悩まされ、野菜から水から放射能が検出され、スーパーは品不足といった出来事を経験した。街に焦り、イライラ、ギスギスした雰囲気を感じ、赤江本人もまた焦燥感を覚えていという。

前向きな人たち

   ところが被災地では、想像していたのとは違って、自分のことよりも、せっかく生かされた命だ、他人のために生かそう――とする前向きな人が多く、ゆったりした雰囲気があったという。赤江は「焦っていた自分が恥ずかしく、落ち着かなくては」と思ったという。

   視聴者的には、震災以後、通常の何倍、何十倍もの時間、TVアナウンサー/キャスターを見たが、スパモニの2人は、かなり踏ん張って冷静さを保っていた方に思え、見直したものだ。視聴者のためにも、より一層落ち着いて、できれば泣いたりしないでほしいところだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中