原発冷却やや進捗か…燃料プールはほぼ満水まで回復

印刷

   福島原発では昨日(2011年3月29日)、放射線管理区域外である建屋の外にまで強力な放射能水が進出し、また敷地内でプルトニウムが微量検出されたことがわかった。もちろん、これもただちに健康への影響はないのだろう。誰もが知りたいのは、今後の日本社会・経済のために、こうした事態が一刻も早く食い止められるかどうかである。

   コメンテイターで作家の落合恵子は「これまでの流れを見てると、シロウトとしては、手当をしようと頑張ってもできないまま、状況はより深刻になっていくような気がしてならない」と不安を口にする。

閉じ込め機能は低下

   臨界事故を研究している中島健・京大原子炉実験所教授は、深刻さのなかに少しは明るさをも見いだしているようだ。炉心については「冷やす方は少しは効果が出てきている」と評価。水を入れて、炉心をある程度押さえ込めている(爆発的な事象を避けるためには最優先事項だろう)一方、放射能の「閉じ込め」機能がだんだんと持たなくなってきて、じわりじわりと漏れてきてる状況だという。

   そして放射能ダダ漏れが懸念される使用済み燃料プールには、朗報があった。「専用の配管を通じて、2~4号機は水を定常的に入れられる」ようになったというのだ。しかも2、4号機はほぼ満水と考えられる状態だという。

   建屋の爆発により、屋根の防水用アスファルトが落下して、プールの上に覆い被さってるらしい1号機はどうなんだとか、なぜ3号機は満水にならないのか、など懸念は絶えないものの、とにかくプールに継続的に水を入れられ、満水にできる可能性が判明したことは、不幸中の幸いというか、死中の福音とも言えるのではないか。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中