2018年 7月 16日 (月)

あのAC広告「ありがとウサギ」が巨大ロボに大変身

印刷

   3.11以来、震災や余震、原発の状況が気になって、テレビを見る時間が増えたという人も多いのではないだろうか。そのテレビでは最近こそ通常の企業CMも見るようになったが、地震直後はACジャパンの公共広告が大量に流れていた。あまりに数が多いので、「エーシー」の音が耳障りだなどと苦情が寄せられたりする一方、詩がCMに使われた金子みすゞの詩集が売れたという。

加工画像が次々登場

   動画サイトのニコニコ動画では、「ありがとう」「さようなら」などの魔法の言葉(挨拶)の重要性を説く通称「ぽぽぽぽ~ん」CMが圧倒的に支持!?されている。もともとの素材がアニメということもあり、加工しやすいということもあるのだろうか、CMの音楽や登場するウサギなどの楽しい仲間たち(キャラクター)をさまざまに加工した動画が続々と登場しているのだ。

   なかでも、100万回級の再生数を獲得して大人気なのは、ありがとウサギが巨大ロボットに変身する「グレートありがとウサギ」。いまや見慣れたあの素朴なウサギのキャラクターが、見る見るうちにグレートに変身していく意外性が受けているようだ。

ボンド柳生

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中