「家庭用浄水器で放射能除去」論争―結論は「専門家もよく分からん」

印刷

   首都圏では福島原発事故の影響で水道水への不安が高まるなか、庶民の不安と「風評」がまたひとつ現実のものとなった。千葉県八千代市の浄水場で、22日(2011年3月)の水に大人の摂取制限値を超える370ベクレルの放射性ヨウ素が含まれていたことが、昨日=30日になって公表されたのである。ペット水争奪戦にもさらに拍車がかかりそうだ。

そんな実験・研究だれもしてなかった!

   そんななか、番組は昨日、東京都の金町浄水場近くにある「子供(乳児ではなさそうだ)の健康」を錦の御旗に水等の2Lペットを買いだめているお宅にお邪魔し、水道水の蛇口の水を独自に調査した。同浄水場の水道水は22日分が220ベクレル/kgの放射性ヨウ素を検出している。結果は、放射性ヨウ素を50ベクレル検出した。

   スタジオでは、水道水の放射性物質対策を行う場合には「くみ置き」が推奨された。以前番組内で専門家(として出演したゲスト)が効果があると断言し、当欄でもお伝えした。「活性炭フィルター浄水器でヨウ素を除去」は影も形もなかった。この方法の有効性にはその後、別の専門家から疑問や否定的な意見が出されていた。結局のところ、活性炭自体にヨウ素吸着効果があるとしても、家庭用浄水器のフィルターでどんな効果がどれほどあるのかといえば、そんなことは誰も実験・研究してないし、なんとも言えない――ことはたしかなようだ。

土壌汚染マップ作って欲しい

   これはいつものテレビ特効薬健康法と似たパターンであり、当欄でも皮肉たっぷりに見守ってきた類である。ところがこの度は筆者も、よく考えれば当然の疑問や留保をまったくつけず、「有効」発言をそのまま、善意のデマのチェーンメールのように垂れ流してしまった。これはおおいに反省すべきで、もっと落ち着かなくてはいけないのだろう。

   それはそうと、海外のある機関は広域な土壌汚染マップの作成を急ぐよう提言しているとか。都内のテレビ局はそろそろ東京の土壌の独自調査でもしてみてほしいところだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中