2020年 8月 10日 (月)

原発汚染!心配ない「ポスト」「新潮」、用心しろ「文春」「朝日」―それぞれの説得力

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

基準値以下でもゼロではない

   朝日は原発反対派の論客・広瀬隆氏が連載で、「福島第1原発から放出された大量の死の灰は、大地に降り積もり、雨で川に流れ込んで、農業用水や海を汚染していきます」と「食物連鎖」の恐ろしさを訴えている。

   また、「原発汚染食品 本当に知りたいQ&A」では、岡山大学院の津田俊秀教授に「放射線による発がんへの影響は『この被曝量より少なければゼロ』ではなく、どんなに少なくとも人体への影響があるとして考えられています」といわせている。野菜や肉、魚に関しても、「これからも、食品を摂取して起こる内部被曝には、注意が必要です」(山口英昌美作大学大学院教授)とし、ただちに影響がなくても注意が必要だとする。

   水道水については、「今の数値であれば、まったく心配するレベルにはない」(山下俊一長崎大学大学院教授)が、水道水から放射性物質を取り除くことは、煮沸しても浄水器でもダメだそうだ。

   母乳に関しては、「放射性物質が母乳中に濃く出ることはない。半減期があるので、減っていきます。また、摂取基準内であれば慢性的に摂取しても、健康被害が出たという報告はありません」(神奈川県立こども医療センター新生児科大山牧子医師)というから、安心のようだ。しかしこれも、これ以上原発被害が拡大しないということが前提である。

   テレビ、新聞の原発報道で一喜一憂している人は多いが、少し安心したいならポスト、新潮、万が一を考えて関西や国外避難を考えている人は文春、朝日を読むのがいいのかもしれない。 

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中