染料なんかで突き止められるか―原発2号機の放射能水漏出

印刷

   「これからどうなるのだろう。被害は拡大しないのだろうか」と司会のみのもんたは心配顔だ。福島第一原子力発電所から高い濃度の放射能汚染水が海に流れ出ている問題である。

紙おむつポリマー失敗

   東京電力は紙おむつなどに使われる吸水性の高い高分子ポリマーやおがくずなどで汚染水の流れを止めようとしたが、期待していた効果は見られず、水の流出は続いている。高濃度の放射性物質に汚染された水は、2号機の取水口近くのピットと呼ばれる施設の亀裂から流れ出ていて、東電はピットの近くに穴をあけて水の流れを止めようと試みた。しかし、水の流出に大きな変化はなく、依然として汚染水の海への流出が続いている。

どうなるのだろう

   このため、東電は溜まり水に染料を入れて、汚染水の流出経路の特定作業を急いでいるほか、新たに水の流出を止めるための方法についても検討しているという。

   みの「今回の事故は世界中が関心を寄せている非常事態。どう日本が取り組むのかが注目されている」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中