羽鳥慎一「モーニングバード」初日、つい「ズームイン」の癖が…

印刷

   新番組「モーニングバード!」はライバルの日本テレビ系「ズームイン!!SUPER」から羽鳥慎一を引き抜いて、「スパモニ」の赤江珠緒と組んだ新コンビだ。

   毛利庭園のサクラの下から始まった。羽鳥は「六本木ですね。この違和感」という。そりゃそうだ。先週まで 「ズームイン」とやっていた。歩いてスタジオまで入って、「新鮮な気持ちでいっぱいです」

   月曜日のレギュラーコメンテーターは気象タレントの石原良純、モデルの前田典子、作家の青木理の3人。 これもおずおずとしたスタート。番組構成も「情報満載ライブショー」としているから、ストレートニュースというより、お話中心のようだ。

戸越銀座で街角デビュー

   羽鳥が街へ出て声を聞くというコーナーがまずは売りらしい。初日は戸越銀座商店街だった。テーマは「この春チャレンジしたいこと」。さすが顔が売れているから、さっそく反応はあるのだが、「事情があってテレビ朝日に移りました」と言い訳が出る。子どもに向かって「ズームインが大人の事情で変わってね」なんて。

私いかがでした?

   「テレ朝というと?」と話を向けると、街の人々は「ドラえもん」

   羽鳥「モーニングバードですからよろしく」

「絶対見ます」

   羽鳥「赤江さんを好感度1位にアナにする運動を!」

   「がんばって」と通りの向こうから声もかかる。女性ばかり。なかには、「ズームやめちゃったんですね」と扉を閉められちゃったり。

「いつも4チャンネル見てたんです」

   羽鳥「これからは?」

「NHKかな」(爆笑)

   社交ダンスにチャレンジ中という女性と、ダンス教室へ行って踊ったりしたあと、お団子屋さんで団子をくれたおじさんがキメた。

「キャラクターを変えるか、新しいものをやって半年、1年がんばってみて判断する。何でも3年はやってみることだな」

   これを受けて、「ぜひテレビ朝日の方にも、そのまま伝えたいですね」(笑い)

   青木理は学生時代に戸越に下宿していたとかで、「クリスマスイブに銭湯へ行ったら、おばちゃんがチョコレートくれて、がんばりなさいよ、なんてね」

   羽鳥「向こうから声がかかりました」

新しい決めポーズ

   毎週どこかへ行くのだといい、カメラに向かって「あなたの街へ行くかもしれません」とズームインの手つきになってしまい、あわてて手を振って、「何かポーズを考えないといけませんね。ポーズを募集します」

   しれっとして厚かましいのが、羽鳥の持ち味なのか。最後にはコメンテーターの面々にも「わたし、いかがでした?」なんて聞く。前田典子がまた「けっこうバードな感じで」

   これまたいい勝負だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中