後番組決まってる関口宏―お別れ挨拶なくフレンドパーク最終回

印刷

「関口宏の東京フレンドパークII 最終回生放送18年間ありがとうSP」(TBS系)2011年3月28日19時~

   かつては視聴率ランキングベスト10の常連だったが、「ネプリーグ」(フジテレビ)、「お試しかっ!」(テレビ朝日)と強力なライバルが出現したうえに、2009年春の番組改編で放送日が月曜から木曜に変更になったことで視聴者離れが加速。1年後再び月曜に戻っても視聴者は戻らず、視聴率ヒトケタ台が続き、この回をもって18年間の幕を閉じた。
   この日は生放送で、これまで番組に出演したゆかりのゲストが集合し、18年間の名珍場面を振り返り、最後のゲームに挑戦するなどで盛り上げていた。ゲストを代表して和田アキ子が関口へのメッセージとして、「ちょっと休園なさってまたリニューアルなさったらどうですか」とお愛想を言い、レギュラーの小林豊アナも「2度あることは3度ある。また奇跡が起きることを信じています」と、番組が1度終了したものの、「II」として蘇ったことに引っ掛けて力説していたがどうなることやら。
   渡辺正行、ホンジャマカらレギュラー陣がお別れの挨拶をするなか、最後の最後、関口宏は首から下げていたホイッスルを床に置き、特に何かお言葉を残すわけでも恨み言を言うわけでもなく淡々と番組は終了した。
   それもそのはず、後番組は歴史をテーマにしたバラエティ番組「世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー」で関口宏の司会は続投なんだとか。うーむ。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中