2018年 7月 22日 (日)

高濃度汚染水の流出なんとか止まったが…問題は「元栓」だ!

印刷

   「今日は福島原発でちょっとだけいいニュースがありました」。司会の小倉智昭が微・微笑といった感じの表情を見せながら言う。

   よいニュースとは、2号機取水口ピット付近からの高濃度汚染水の流出がとまったらしいこと。とはいえ、漏出がそこから「だけ」なのかとか、どこかに漏れなければ水は溜まっていく一方でそれをどう処理するのか――など懸念は絶えず、「元栓」が閉められない以上は風評がやむこともないだろう。

小倉智昭も困惑気味

   普段のオグラならそうした懸念や危険を、さも自分の手柄であるかのように、自分だけが知っていると言わんばかりに、自信満々訴えるはずなのだが、今日そうしたことを話す文字通りの姿勢自体、しょんぼりとしたふうに見える。「毒舌」が売り物とされるオグラも、こと原発問題となると、歯切れが悪いただの御老人の小倉である。無力感が漂い、いまにも「原発しょうがない(人智を超えている)」とか口走るのではないかとか、そんなことまで心配である。

ちょっとだけいいニュース

   こんなときだからこそ、原発の処理にかかるであろう莫大なカネを具体的に試算したり、オグラが予見してたことができない無能な東電・政府を声高に非難し続けるアグレッシブなオグラが見たい――という人はやはり少数派だろうか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中