ウンナンに関口宏…春の新バラエティーは「お勉強」タイム

印刷

   今週あたりから春のバラエティー新番組が続々とスタートしていて、傾向としては「お勉強」。時事、科学、医学、文学、文化、生活、歴史などさまざまなジャンルの「関心あるけど良くわからない」問題を、専門家や専門記者らが解説する番組が目白押しなのだ。池上彰の解説番組が人気となって、柳の下の2匹目、3匹目のどじょう狙いなのだが、はたして池上のように簡潔明快に料理できるかどうか。

   TBS系は月曜よる7時に関口宏を司会に「世紀のワイドショー ザ・今夜はヒストリー」。関ヶ原の合戦や坂本龍馬暗殺など、歴史的大事件があった日にタイムスリップして、「ワイドショー」スタイルで事件の詳報・背景、当時の流行や庶民の生活ぶりを伝える。同じくTBS系は翌火曜8時からは「教科書に載せたい!」。ウッチャンナンチャンを司会に各分野の専門家が、教科書に載せたいとっておきの知識を披露。たとえば、4月19日(2011年)の放送は「世界五大陸の謎と奇跡」といった具合だ。

   テレビ朝日系の「池上彰のそうだったのか!学べるニュース」(水曜よる8時)は池上の降板でタイトルから池上彰の名前は消えるが、時事ものを中心とした解説バラエティー路線は続く。フジテレビ系「潜入!リアルスコープ」(土曜よる7時)は「大人の社会科見学」をコンセプトに、さまざまな地域、施設の内部や現状を伝える一種の解説ルポだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中