楽天・田中将大「7日の強い余震」ツイッターで実況中継

印刷

   4月7日(2011年)23時32分頃、宮城県沖で強い地震が発生した。3月11日の大地震の余震と見られているが、7日、震災後初めて本拠地・仙台に戻ってきた東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手もこの地震に遭遇し、ツイッターで状況を報告した。

   田中は地震からおよそ30分後、iPhoneから「停電中です。真っ暗…」とツイッターに投稿。また続けて「サイレンが鳴りまくっている」とつぶやき、ファンからは続々と心配する声が寄せられた。まもなく「家の中、身体は大丈夫です!」と無事を報告したものの、「ただ停電で真っ暗やから怖い」と漏らした。

   8日のブログによればこの時には電気・水道がともに止まってしまったといい、「真っ暗でこれほど1人でいることが怖かったのは初めてかもしれません」とその恐ろしさを繰り返した。いずれも朝には復旧し、田中も「これから被災地の方をまわります」として、チームとともに宮城県各地の慰問に出発した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中