マスターズ速報!石川遼20位「大震災寄付金」930万円―「朝ズバッ!」お休み

印刷

   マスターズ・トーナメント最終日の中継放送のため、きょう(2011年4月11日)も「朝ズバッ!」はお休み。そのマスターズで日本選手はどんな活躍を見せたのか。

   予選通過した日本選手は石川遼(パナソニック)とアマチュアの松山英樹(東北福祉大)。松山は予選通過したただ1人のアマチュアだったため、すでに「ローアマチュア」(アマチュア選手のトップ)に決まっていたが、最終日はちょっと出入りの大きいゴルフで4バーディー、6ボギーの2オーバー、通算1アンダーの27位に後退した。しかし、最終18番ホールでは3メートルのパットを沈めてバーディー。グリーンを囲んだパトロン(観戦客)からスタンディングオベ―ジョンを受け、表彰セレモニーでも「被災地に少しでも励みになったならば」とスピーチして、盛んな拍手を浴びた。

   30位スタートとなった石川遼は自己最高の70で回り、通算3アンダー20位に食い込んだ。この試合から優勝賞金と1バーディーにつき10万円を東日本大震災の被災地に寄付すると表明していたが、石川の賞金は9万3200ドル(約790万円)で、4日間の14バーディー140万円と合わせて、寄付金は約930万円となった。

文   ナオジン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中