停電で再発見!見慣れた街の気づかなかった魅力散歩

印刷

<ぶらり途中下車の旅(日本テレビ系4月9日あさ9時30分)>東日本大震災による「計画停電」で、いつもなら煌々とネオンや街頭が輝いている首都郊外の街が真っ暗になり、「いつもと違う街の表情」を再発見した人も少なくないんじゃないでしょうか。こんな事を言うと不謹慎なのかもしれませんが、見慣れているはずの風景にあらためて魅力を感じたりしてしまいました。

神田で生胡椒練り込んだ中華麺

   落語家の林家たい平さんが出かけた「ぶらり途中下車の旅」も、都心に通勤している人なら「ラッシュ」のイメージしかない京浜東北線でした。神奈川・横浜駅と川崎駅、東京駅、上野駅、浦和駅などを通って埼玉・大宮駅を結ぶJR線で、たい平さんもそんな都心の通勤線に新しい発見をしたのでした。

   スタートは王子駅で下車して「飛鳥山公園」。「長屋の花見」という落語でおなじみのスポットだそうで、ロケのときはまだ桜はチラホラとしか咲いていませんでしたが、いまごろ(2011年4月12日)は満開過ぎて散り始めているころでしょうか。とにかく春爛漫です。

   次に下りたのは「神田駅」。ここの「胡椒饅頭PAOPAO」(電話03・3863・8032)では、生胡椒を使ったオリジナル料理をいただきます。生胡椒はとりたての青い実をそのまま塩漬けにしたもので、これを杏仁豆腐に散らしたり、中華麺に練り込んだりすると、たちまち本場中国の味と香りが口いっぱいに広がります。

「杏仁豆腐の甘味と独特の風味が強調されておいしい」

   たい平さんはいっぺんに好きになってしまったようです。

   東京駅を通過して下りたのは「浜松町」です。タワービルに囲まれた一角にある「洋食や シェ・ノブ」(電話03・3431・7943)は、実家が寿司屋というフランス料理で修業したシェフの店です。だからということで、おススメは「ビーフステーキ寿司」(1200円)。シャリも寿司酢ではなくバルサミコ酢を使い、ネタはレアに焼いた牛肉にウニソースでいただきます。

「熱々のステーキにシャリとウニが口の中で一緒になって、うまいのなんの」(たい平さん)

   1皿3カンですから、若い人にはちょっと贅沢な握り寿司ということになるかもしれませんね。

根岸では塩漬け桜花散らしたロールケーキ

   かつては横浜港などの港湾労働者のたまり場だった東神奈川には、ちょっとお洒落なコーヒー専門店が昭和っぽい路地にありました。「珈琲文明」(電話045・432・4185)で、天井が26分間で朝から夜までの空に変化するのです。あかね色の朝焼けから星空になっていくのを楽しみながら、ゆっくりコーヒーを楽しんでくださいというわけです。「そんなお店だとは知らずに、本でも読もうと入ってきたお客さんから、暗くて読めないと叱られることもあるんです」というご主人のお話には笑っちゃいました。

   京浜東北線も横浜駅から大船駅までは根岸線と名前が変わります。その根岸駅にあるケーキ屋さん「ラ・ネージュ」(電話045・623・2917)のケーキが実に楽しい。パンダ型に焼いたスポンジケーキに生クリームとチョコレートクリームでパンダのお人形みたいに作るパンダケーキ、塩漬けの桜の花を散らした桜のロールケーキ、市田柿やイチジクの中にチョコレートを詰めたお菓子なんて、いくつも食べちゃいそうです。

   最後は「三渓園」で桜の見納めなんていうのはどうでしょうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中