「最悪レベル7」専門家は「外出、野菜・魚・水」すべて大丈夫というけど…

印刷

   福島第1原発の事故は、旧ソ連時代のチェルノブイリ原発事故と同じ最悪の「レベル7」だと政府が認めた。国際的な事故評価尺度(INES)というヤツだ。しかし、実態はこれまでと何も変わらない。

   佐藤・福島県知事が「なんで先に知らせてくれない」と怒っていた。一般のニュースで知らされたんじゃ腹の虫がおさまるまい。避難区域に追加となった飯館村でも、「動物(牛)を動かすなんてできない」という批判が出ていたが、当然である。

何の安心にもならない「チェルノブイリは10倍」

   今回の評価を決めたのは放射性物質の放出量だ。原子力安全委員会が63万 テラベクレル、原子力安全・保安院が37万テラベクレルと数字に違いはあるが、10万テラベクレルを超えたこと、なお放出が続いていることで「最悪」の 範疇に入ったという。チェルノブイリは520万テラベクレルだから、大きい方の数字でもなお10倍近い開きがある。

今度は7...

   この意味を大谷浩樹・首都大学東京准教授が解説した。外に出ても大丈夫か、野菜・魚・水は大丈夫か、米は大丈夫か、蓄積の影響はないのか――。 答えはどれも大丈夫。大谷准教授は「蓄積は筋肉に多いが、筋肉のガンというのはない」「新たな飛散は考えられないから」という。

福島には直接連絡なし

   司会の羽鳥慎一「レベル4から5になって、今度は7だと…」

   東ちづる(女優)「もし外国にいてこういうことになったら、逃げ出すかも。政府はもっとしつこく情報を出さないといけない。福島の人たちがニュースで知るなんてショックでしょう」

   神田瀧夢(コメディアン)「ニューヨークであった経済の会議に、枝野官房長官がメッセージを出しているんだが、メディアを呼んでない。もっと説明しないと。数字を聞けば『えらいこっちゃ』になる」

   大谷准教授のもとには中国からの留学生もいて、「みな自分で判断して残っている。ただ、親からは帰れといわれてるそうですが…」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中