自粛サンチュ出荷 眞鍋かおり「政府の発表よりも安心ですけどね」

印刷

   放射能により、出荷自粛(その後出荷規制)中のサンチュが広く出回った一件は、未曾有の広域、長期間の放射能汚染に対応できない検査・管理・規制システムの問題をあらためて思いしらせてくれた。少なくとも、筆者にはそう思われたが、番組コメンテイター陣からは、出荷業者やスーパーの対応を支持する「日本のスーパーは安全です!」的なご高見が相次いだ。

市の調査で基準値を下回った

   「だって基準値に達してないわけでしょ。だったら農家の方は出したいですよね。出すほうがいいと思いますけどね」と福田和也・慶大教授。

使ってあげたい

   「生産者やスーパーが検査してくれてるんだったら、政府の発表よりも安心ですけどね」と真鍋かをり。

   ちなみに、このサンチュは、市の調査でサンチュが(一時?)基準値を下回ったことを根拠に出荷したとの報道はあるが、出荷された現物の放射能を、出荷業者や小売が独自に検査してくれたとの情報は、筆者は把握できていない。

   司会の小倉智昭は「農家のために、仕入れて売ってあげましょうと。それが犯罪みたいに言われると、かわいそうだよね」と、スーパーに同情しきり。また、「サンチュって野菜にしてはいいお値段だから、(農家が)つくった以上は(売れないと困るだろうから)、できるだけ使ってあげたいという気持ちは消費者にはありますよ」と、消費者を代表して、農家支援のために食べたい気持ちを表明した。オグラが「消費者」と「自分」を分けてないとすれば、だが。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中