安全委元委員長代理「一番の危機は全体の指揮官いないこと」

印刷

   東京電力の清水正孝社長が1か月ぶりに会見したが、「ベストを尽くして」「全力で」「一日も早く」といった言葉ばかりで、具体的な対策や見通しは全く語らなかった。役人じゃないかと思えるほどだ。

   テレビ朝日のディレクターで、モニバドのレギュラーコメンテーターでもある玉川徹が、枝野官房長官と保安院の会見で「曖昧ないい方が多すぎる」とかみついた。「最悪の事態とは何なのか」というわけだ。枝野は「一例だけあげれば、原子炉格納容器の水素爆発」と答えた。先に設定した「緊急時避難準備区域」も水素爆発のような事態を考えているとわかったわけだ。ところが、原子力安全・保安院の西山英彦審議官は、「そうならないように努力している」と言うばかりで、具体的な説明はない。玉川が枝野の答えをぶつけると、「水素爆発もそのひとつです」。まさにお役人だ。

機能していない専門家たち

   住田健二・阪大名誉教授(原子力安全委の元委員長代理)は、「水素爆発はひとつにすぎない。本当に怖いのは圧力容器の破損です。そうなったら一巻の終わり。何がなんでもそうならないように必死に冷やしてる」

信頼関係ない

   司会の羽鳥慎一「作業ってのは進んでるんですか」

   住田は「全体像が見えない」という。

「指揮官がだれなのか。社長でも首相でも専門家でもない。信頼する人が付いていないといけないのだが、私たちのように多少事情がわかっている人間にも、それが見えない」

   タレントの松尾貴史が「陣頭指揮というが、専門家でもないのに」と話すが、話は逆だろう。指揮官に専門知識はいらないが、そこには専門家が付いていないといけないという話だ。

   住田は気になることをいった。「原子力安全委員会は質問に答えるのが仕事」というのだが、問題になっているのは指揮官がためらったり決断できないときに、どれだけ積極的に提言するかなのだ。なのに、専門家が付いているようには見えないという。とすると、安全委とは何なのだ。

   松尾「官房長官の会見のわきに、いつもその人がいるとか」

   立花胡桃(作家)「事故を小さく見せようとしてとしているのかと思っちゃう」

東海村事故では現地に関係者集合

   ところが、住田は「わかってるのにとぼけてるとか、工作担当がいるとか、どうもそういう気配がないんですよ」という。住田は1999年に茨城県東海村で起きたJCOの臨界事故のときに現場で指揮をとった人。「あのときは現地に全員が集まって、知恵を出し合った」という。今回はそれがないという。

   赤江珠緒キャスター「情報の出し手と受け手の信頼関係がない」

   いやその前に、秘密主義の東電と自分は専門家だと誤解した首相があるのではないか。レベル7になったのは、初動を間違えた結果だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中