大震災ショックで「結婚したい」と言いだした大人女子の豹変

印刷

   先日、知人の結婚式に行ってきた。震災後、初めて素直に「おめでとう!」と言えるひとときに、誰もが笑顔であった。結婚式という祝いの席を経て、このところ女性達の間で交わされている話をしてみたい。

   ちらちらと飲み会が増えた震災2週間後ぐらいから、女性たちが口をそろえて言い始めたことがある。

「結婚したい」

   それもとくに顕著なのが、震災前まで盛んに言われていた40代「大人女子」の独身者たちだ。ある程度社会的な地位を持ち、経済的にもゆとりがある独身女性たちが、震災の恐怖は一人で耐えられたが、この先も同じようなことがあったとき一人では心細すぎると変わってきた。それまで、職場で能力のない男たちを見ていると、「ほんと男って使えない!男なんていらないわ~」と豪語していた彼女たちが、「やっぱり結婚はしておくべきだわ」と恥ずかしがることなく口にする。

一人では心細すぎる

   恐らく、震災後には出生率も上がるのではないかというのが女性達の予測。アメリカでは9・11ベイビーが増えたという事実もあり、同じ状況が東京でも起こるのではないかと睨んでいる。

   そういえば、帰宅難民になった時も、帰り道にやたらとカップルが目に付いたのを覚えている。結婚したい!という気持ちに火がついてしまった人。同時に、やっぱり子孫を残したいと漠然ながら考える女性たちも増えたようだ。不可抗力の自然の脅威を前に、生物として反応するのだろうか。

   周りに聞いてみると、地震発生前に強烈な地鳴りが聞こえた、風圧とも違う圧力を全身に感じ耳鳴りがしたというような、特殊な能力とも思える現象を体感したのは女性が多かった。そこまで超常でなくても、震災日に生理になったという話は数多くある。やはり、自然の影響を受けやすいのは女性なのだろうか。あまりにも安直な考え方だが、当たっているような気もしてしまう。

震災前に離婚した友人の後悔

   そんな大人女子に親たちも気持ちが動かされているようだ。日頃からまだ結婚はしないのか、孫の顔が見たいと思っている60代超えの親を持つ女性たち。何人かの女性から同じ話を聞いて驚いた。

「震災孤児を養子として迎えられないかと両親が本気で思い始めている」

   親たちはいたって乗り気。子育て経験のある自分たちならば受け入れられる態勢は整っているので、震災を受けた子供たちに何かできないだろうかと考えたりするわけだ。

   しかし、娘たちの反応はなかなか複雑だ。どうせいつまでたっても結婚もせず、孫の顔も見ることがなさそうな私への反動なのかと疑ってしまう。この点をステップファミリーだが、4人の子育てをし、養子受け入れをしようと動いている60代の女性に話を聞いてみた。

「そう言われたらそれもあるかもしれない」

   彼女は正直に話してくれた。30代、40代の独身娘を持つ親たちの心境の変化は、結婚をしたいという独身大人女子の思いよりもシビアなのかもしれない。といっても、娘たちもすぐに結婚できる状況でもなく、安易に結婚できるわけでもない。昨年夏に結婚し、震災前に離婚した友人は、震災後から恐怖とストレスで食事を戻すクセがついてしまったという。自ら切り出した離婚だったが、彼女曰く、震災後一人になった恐怖と後悔が大きかったようだ。

   生き方を変えようと思う女性たち。幸せをつかむためにもシフト変換は慎重に。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中