2018年 7月 20日 (金)

「原発収束6~9か月」これで一安心とはいかぬ工程表苦し紛れ

印刷

   昨日17日(2011年4月)、東京電力が原発事故収拾に向けた工程表と、タイムラインを発表した。3か月で原子炉と燃料プールが安定的に冷却できるようになり、放射性物質の拡散は確実に減少傾向となる。6~9か月で冷温停止になり、放射性物質は大幅に減るのだという。

   とにかく原発を一刻も早く収束してほしい、先の見通しを示してほしい――という全国、いや世界的なリクエストに応える形で、出てきた工程表。だが、いざそれを目にしたとくダネ!コメンテイターからは、工程表の確実性を不安視するコメントが相次いだ。

3か月で安定的な冷却ができるのか…

   「3か月で安定的な冷却ができるのか。(原子炉建屋の)内部がすごい状態、(爆発でダメージを受けた4号機の)燃料プールが壊れるかもしれない。どうするんだろうと思いますね」とピーコ。

先が見えない

   司会の小倉智昭は、細かい具体的な作業の進め方や、日程が出てないのを問題視。「先が見えてないから、日程が出てこない」「6か月、9か月って、相当苦しまぎれに出した気がしないでもない」とシビアに評価した。

   以上、シロウトの風評をお伝えしたが、今回のそれは新聞紙上などに見られる専門家の見解と大方一致してるらしい点が気がかりである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中