いないでくれ…「機動隊員」原発20キロ圏不明者捜索の悲痛

印刷

   福島第1原発から20キロ圏内の不明者の捜索が先々週から始まっている。放射能汚染の危険からこれまで手つかずという、もうひとつの悲劇だ。17日(2011年4月)までに168人 が見つかったが、これに参加した機動隊員が初めて捜索の模様を語った。

「5歳くらいの男の子のはだしで逃げた姿」

「5歳くらいの男の子がいました。はだしで逃げた姿。捜索していても、『いないでくれ』という気持ちもあった」
軽装備で大丈夫か

   警視庁第1機動隊の福田竜太巡査長(29)はこう話す。防護服で250人態勢で6日から13日までの8日間、1日の活動時間は7時間前後。積算放射線量が3~5マイクロシーベルトになった。

「すき間を全部粘着テープでふさいで、さらにマスク、ゴーグルをつける。(防護服は)紙ですね。薄いです、非常に。作業中に破れたりしてたんで、ガムテープで補強したり」

   朝の隊長の指示は「1人でも多くの行方不明者を発見する。自分の故郷を捜索するつもりでやろう」というものだった。しかし、そこで隊員たちは想像を絶する光景に出くわした。

「車の後部座席であったり、トラクターに乗ったそのままとか。やっと見つけられて、家族のもとに帰ってくださいとお祈りしました」

   いずれも津波の犠牲者だが、津波から1か 月以上だ。「避難区域」で家族すら立ち入りできず、なす術がなかった。今回の捜索も、警視庁、福島県警の警察官は被曝の危険をおかしてのもの。頭がさがる。

防護服は紙製、破れるとガムテープ補強

   司会の羽鳥慎一「防護服は紙だというが、軽装備で大丈夫なのか」

   放射性物質の取り込みを防ぐ、つまり内部被曝は防げるが、放射線を防ぐことはできない。これは原発の作業員も同様だ。

   羽鳥「破れたりもあるというが、気温が高くなれば汗もかくし、呼吸も大変でしょう」

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「こういう報道を見るたびに思うのは、消防もそうですけど、現場の人たちがいかに美しい気持ちでやってるか。それにくらべ、官房長官は5分で帰っちゃったそうだが、上層部との温度差を感じますね」

   まあ、それはいっても仕方がないことだが、大臣の1人くらい、防護服を着て現地を歩いてみてもよさそうなものだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中