劇団ひとりネタ行き詰まり?「パクリまくり企画会議」

印刷

「劇団ひとりの新番組を考える会議」(テレビ朝日系)2011年4月12日1時51分~

   4月スタートの新番組。劇団ひとりが構成作家とADを相手に番組の企画会議を行い、ゴールデンに通用する番組制作を目指すバラエティだ。
   「幅広い世代にウケる番組がいい」「動物とかペット系は?」「ペット番組って犬とか猫じゃん。魚ってないよね。魚しか出てこない番組とか鳥だけしか出ない特番は?」……。
   こんな雑談をしながらいくつかの企画を選び、それをシミュレーションする。たとえば今回、構成作家が提案したのは動物にドッキリを仕掛ける「アニマルパニック」。動物が人間にドッキリを仕掛けるという話に劇団ひとりも乗り気だったが、「楽屋に巨大ニシキヘビが…」という内容を聞き、「つまんねえ。がっかりだわ。昭和じゃねえか」とダメ出し。
   ほかにも「動物ビフォーアフター」「ペットーーク」「人気ペットに会えるまで終われません」など、出てくるのはどこかで聞いたような企画ばかり。「これ『帰れま10』からパクってるってわかんないように側を変えよう。『帰っちゃダメだわん』、『人気ペットベスト20 会いたいワン』だったらわからない」などと悪びれる様子もない。
   なるほど最近のバラエティが面白くない理由がわかった。本当の会議もこんなふうに、ヒット番組の模倣ばかりが話し合われているのだろう。それにしても企画会議を番組にしてしまうとは、いよいよネタに行き詰ったかという感じだ。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中