「稲垣吾郎VS小島慶子」スタッフの大笑いでごまかす盛り上がりゼロ

印刷

「ゴロウ・デラックス」(TBS)2011年4月15日0時40分~

   デラックスというタイトルからてっきりマツコ・デラックスが出るのかと思ったらそうではなく、SMAP稲垣吾郎と元TBSアナのラジオパーソナリティ小島慶子によるトーク番組でなんだか騙された気分。マツコ人気にあやかった便乗商法か?!
   SMAPの中で実は一番のおしゃべり好きという稲垣に、ラジオでの毒舌マシンガントークが大人気の小島慶子を掛け合わせることで、今までTVで出せなかった辛口ゴロウが炸裂するという寸法らしいが、果たしてどうなることか。
   「メンバーといると喋っちゃいけないのかなって。僕は6番打者のようなものなので」とか、「意外と一番社交性があるんです」とSMAPの中での自分の立場を語る稲垣に、「ストレス溜まりません?」と小島が訊けば、「ストレスは溜まんないですけどね、あったとしてもここでは言わないですけどね」と辛口ゴロウの片鱗がチラホラ。
   事前の打ち合わせもなく本番でいきなり初対面の2人は、さぐりさぐりという感じでいまひとつ盛り上がりに欠けた感も。そのぶん盛り上げようとして、たいして面白くもないのにスタッフが大笑いし、そのわざとらしい笑い声がうるさくてしょうがない。
   「僕はあんまりテレビ見ないんですね。ガチャガチャうるさいですよね、最近のテレビ……。テロップとか多過ぎません?」などと稲垣に批判されても笑っているのだから救いようがない。稲垣と小島にはお気の毒だが、初回からダメそうな匂いプンプン。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中