2018年 7月 22日 (日)

「世界遺産も直撃」風評・自粛で観光客見あたらない日光

印刷

   茨城・つくば市の施設で、仙台からの避難者にスクリーニング(放射線検査)証明書の提出を求めていたことがわかった。つくば市は福島第1原発事故の避難者にも避難所入所の際、任意だが、健康被害調査の検査証明書を出していたが、一部職員がこれを「必須」と勘違いしたものらしい。

   仙台市の男性は福島原発とは無関係で、男性の抗議で市も誤りを認めた。 枝野官房長官も「明らかに過剰な反応だ。苦労されている方々を温かく迎えてほしい」と話した。

中禅寺湖にレポーターのボートだけ

   放射能への無知からくる風評被害は、避難者した子どもが「放射能がうつる」といわれるなどさまざまところに出ている。原発の地元・双葉町から埼玉・加須市へ集団避難した女性はこの話に、「ショックです。逆の立場になれば、証明書で安心するのかもしれないが、悲しい」と語る。

GWはなんとか…

   司会の羽鳥慎一「正しい知識があれば起こらないこと。もっと伝えないと」

   赤江珠緒キャスター「空気感染するものじゃないんですから」

   東ちづる(女優)「もっと政府がしっかり伝えないと風評が大人から子どもにまでいってしまう」

   しかし、そのあと井口成人レポーターが伝えた日光の様子はもっと衝撃的だった。年間180万人が訪れる世界遺産、日光東照宮は好天の日曜日(2011年4月17日)だというのに人影はまばら。東武日光駅から観光バスに乗ったのは、たった4人だ。

   大震災翌日の3月12日から31日までの観光客は、 前年の10万人から5000人に、日光観光協会は「前年比95%減」という。東照宮の土産物店は「平日は 指で数えられるくらいしかいない」

   車の渋滞の名所である「いろは坂」もまったく車がない。井口は中禅寺湖にボートで乗り出したが、広い湖面にたった1そうだ。「いつもなら若いカップルでいっぱいなんですが」

   ボートの店も「われわれの力ではどうしようもない」と嘆き、ラーメン屋さんは「99%減った」という。

   閉館を余儀なくされたホテルもあった。湯元温泉は昨年48万人が訪れたが、閉館を決めたホテルは「震災に加えて放射能の影響。それに計画停電が追い打ちをかけた」という。手作り料理が売りだったが、計画停電になるとできあいのものにならざるをえない。放射能では食材の安全の問題が出た。

「日光江戸村」忍者も花魁も手持ちぶさた

   おととい(18日)からあえて再開に踏み切ったのが「日光江戸村」。あいにくの雨で、呼び物のチャンバラショーも飛び入りの井口以外は人がいない。忍者劇場、花魁ショーは観客は4人だった。きのうは50人だったが、例年の3分の1だという。

   客の女性は「怖いのかも知れないが、日本全部そんなになっちゃう必要はない」 と、これがまともな反応だろう。

   井口「花魁ショーだって、出演者より観客の方が少ないんですから」

   先週の会津若松の「惨状」リポートに次ぐのだが、「日光は福島原発から150キロですよ。なのに観光バスが来ない、外人観光客が来ない、修学旅行はキャンセルです」と報告する。修学旅行については、親が心配する、余震がある、計画停電などが理由だそうだ。たとえば名古屋地区の学校だと、「東京ディズニーランドから日光」の替わりに、京都という選択肢になってしまうのだという。

   関西人の宇治原史規(お笑い芸人)「まだ余震があるのではないかという不安がある。根拠はないが」

   赤江「心理的にも、いま旅をしようという気持ちになれないのかも」

   羽鳥「広島でもあるとか…」

   東「そうなんですよ。ホテルが閑散としているので聞いたら、地震のあとお客さんがこないんだそうです。広島でーっと」

   井口「人が動くことが復興になるんだとわかってもらいたいですね」

   羽鳥「ゴールデンウイークをなんとか盛り上げないといけないですね」

   しかし、これは根深い。日本人の気質が関わっているのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中