品川祐「鈴木おさむ99%好きだけど、嫌いな1%」

印刷

   お笑い芸人の品川祐と放送作家の鈴木おさむは、ともに1972年生まれの同い年だ。2人は4月20日(2011年)のブログで、互いに対する同じ年としての「嫉妬」の思いを綴っている。

   先にブログを更新したのは品川だ。冒頭の「僕は昔、鈴木おさむさんが、あまり好きではありませんでした。『大嫌い』ではないのですが、『好き』ではなかった」という表現が妙にリアル。その理由を長々と語った。

「同い年なのに自分より金があって、成功していて、なんかモデルと付き合ってたとかきいたことあるし、そのくせ『品川庄司のライブって面白いよね』とか言えちゃう余裕!」

と、当時、嫉妬に燃えていたことを告白、でもいまは「醜くて小さい人間」だったと反省している。今では鈴木のことが好きだという品川は、「99%好きで、残りの1%は好きになりきれない」と続ける。

   「同い年の人が面白いものを作った。これは感動、感心すると同時に嫉妬する」と1%の解説。

   すぐ鈴木おさむのブログが返ってきた。

「今日の品川のブログ、嬉しいこと書いてくれやがってます」

   もともと同じ歳の人を何となく特別視しているという鈴木は、「言葉じゃなくて作品で僕を焦らせやがる」とやはりライバル意識ぎらぎらだ。

   「この嫉妬が僕のエネルギーになる」という品川の言葉に、鈴木も思わず頷いたはず。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中