ぶりっこな田中みな実、小突くマツコ「女子アナブームは終わったのよ!」

印刷

ホントの恋のかま騒ぎ(TBS系水曜深夜11時50分)>日本テレビ系で今年3月(2011年)まで放送されていた「恋のから騒ぎ」。これをパロディ化した番組がフジテレビ系の「めちゃイケ」の中にあった。その名も「恋のかま騒ぎ」。男性芸人が女装してオカマ口調で恋愛や私生活についてトークを繰り広げるものだったけれど、これらをさらにパロディ化したのがTBS系の「ホントの恋のかま騒ぎ」。「恋から」同様のセットで、さんまを司会に迎え、ホントのおかまタレントを集めてトークを繰り広げる。いやー、他局2つのパロディなんて、よくやったもんだ。

オカマこそ世の女子の代弁者

   ミッツにマツコ、楽しんごやはるな愛、IKKOらそうそうたる顔ぶれである。「おネエMANS」なんかもそうだったが、オカマが一堂に集まると何と騒がしいことか。毒舌であけすけな物言いをする人がオカマには多いように思うけど、ツッコミが的確なもんだから、テレビの向こう側の喧騒に圧倒されつつも「うん、うん」と頷いてしまうのである。

   とくに、ゲストがアナウンサーの出水麻衣、田中みな実、佐藤渚のときは、マツコの毒舌が炸裂する。男にどんな料理を作るかというテーマに、「わたしオムライス作ります!」という田中みな実。いかにもぶりっこ~な解答に、オカマ全員、大バッシングである。マツコにいたっては「プロデューサーにくっついてご飯行くタイプよ! 田中みな実が何言ってもスルーするんだからね!」とけちょんけちょんである。しまいには、田中アナに足を掛けてつまずかせたり、「女子アナブームは終わったの!!」と罵倒する。

   いやー、でも、マツコは世の女子の代弁者だなあ。こういう天真爛漫キャラを装い、ぶりっこしつつも自分の存在感をアピールして、「私が一番よ」と主張する女、たまにいる。同性からは嫌われがちだが、こちらがマツコみたいなことを言っても「ひがんでるだけ」と片づけられてしまうのがオチ(いや、実際ひがんでる部分もあるんですけどね)。マツコの攻撃を見てスッキリしてしまった。マツコVS田中みな実なんて見てみたいなと思ったけれど、そんなことしたらまた田中アナの思うつぼ……かしら。

(てらっち)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中